top of page

森あらた

 

 

森あらたはベルリンと東京を拠点にする映画監督、映像編集者、アーティスト。学習院大学日本語日本文学科、ロンドンのセントラル・セイント・マーティン校ファイン ・アート学科卒業。映像制作活動はドキュメンタリー映画、TVドキュメンタリー、コーポレートビデオ、実験映像、ダンスシアター、建築等多岐に並ぶ。

2021年、中国の一帯一路政策で開発が進むシルクロードの現代都市群を架空の都市として描く虚構の旅行記、ドキュメンタリー映画「あ・みりおん」が第64回ライプツィヒ国際映画祭に正式招待。

ドイツ人映像作家アンドレアス・ハルトマンとの共同監督作品、長編ドキュメンタリー映画「蒸発」(2024年公開)は、ドイツ文化庁支援、独仏テレビ局ARTEとの共同制作。蒸発者の手助けをする夜逃げ屋を追う。

また建築写真家ラウリアン・ジニトイウと共にanother:を立ち上げ、BIG、OMA、SO-IL塩田千春など、著名な建築家やアーティストと映像でコラボ。ポルトガルの採掘場から掘られた3万トンの大理石がNYグランドゼロの新舞台芸術劇場のファサードになるまでの旅を追ったドキュメンタリー映画「ヴェインズ」は、その分野最大のADFF: 建築デザイン映画祭に選ばれる。

2022年アジアン・カルチャル・カウンシル個人フェローシップ受賞。2023年Docs by the Sea、ESoDocのフィルム・ラボに参加、DAE - ヨーロッパドキュメンタリー協会のメンバー。NHKやWOWOWにてフリーのディレクターやエディターとしても活躍、ウクライナ国境やイランなど危険地域にて戦争や難民取材など行う。

bottom of page